アンパンマン 三輪車 レビュー

前回の記事は、おもに組み立て方になりました。

そして、今回は実際に子供が乗った感想を書いていきます。


アンパンマンが大好きな、2歳7か月の女の子

上の子が自転車に購入したら、自分も乗ってみたくなったらしく三輪車を購入することにしました。

アンパンマンの絵が多いので、一緒に作ると邪魔になると思い子供が出ている時に必死になって三輪車を組み立てました。


線

おでかけ三輪車 わくわくアンパンマンごう ピース【前回の記事】アンパンマン 三輪車の組み立て
子供の為に、購入したアンパンマン三輪車!
ちょっと苦労した三輪車の組み立て方のブログ記事になります。
ネジが全部統一してあれば、もう少し簡単に作れるのですが・・・

線

アンパンマン三輪車を見て

アンパンマン三輪車

子供はかなり感動していました。

アンパンマンがたくさんいますし、別な子供が乗っていたのをうらやましそうに見ていたこともありますので、さっそく家の前で乗ってみました。

そして、アンパンマン達の人形を入れてかなりご満悦

アンパンマン三輪車

実際に子供が乗って押すと、意外と大変ですね。

親が持つ部分がありますが、サイズを調整できますが、押しているとだんだん短くなってきてしまいます。

ある程度固定できるのですが、上の子が押す時には、長すぎてしまいますので短くしないと押せません
短すぎると、大人が押すと腰に負担がかかってしまいます。

上の子が押したがるのは最初だけなので、毎回長さの調節をすればよいだけなのですが・・・


親が持つ部分とハンドルはリンクしていますので、子供が動かすとこちらも力を入れて機動修正しないといけません。

まっすぐに走っていれば楽なのですが、なぜかハンドルを動かしますので体力を使いますね。

アンパンマン三輪車 足置き場

アンパンマン三輪車 足置き場

足置き場は取り外しが可能となっています。

アンパンマン三輪車 座席

最初は、きちんと足置き場に置いていたのですが、だんだんペダルを踏みたくなってしまい、足置き場を外しました。

足置き場があるとペダルを踏みにくいですし、足が挟まれたらいやですからね。

ただ、ペダルを踏むようになってくると別な問題が・・・

足置き場に足を置いていた時は、早く押しても問題なかったのですが、ペダルに足を置いている状態ですと、スピードを上げてしまうと足を離してしまう・足を地面についてしまうなどの問題が発生

自分でペダルを踏んでいますが、ほとんど動かないですので親が押すしかありません。

怪我をさせたくないので足を見ながら押すしかないんですよね。


三輪車に乗せてみて分かったのは、ペダル部分が取れて欲しかった。

ペダルの部分が取れれば、足置き場を付けて押せば良いですし、もう少し成長してペダルを押せるぐらいになれば、足置き場を外し・ペダルを付けるようにして欲しかったですね。

アンパンマン三輪車をデコレーション

アンパンマン三輪車 デコレーション

子供がはったアンパンマン達のシール

アンパンマン三輪車 デコレーション

子供はシールが大好きですよね!

みみちゃんの感想

みみちゃん

押すのは大変ですが、子供が笑顔で乗っている姿を見るのは嬉しいですね。
大きくなれば、セーフティーガードなど外せるので沢山乗って遊んでほしいです。