しまじろう のりまきやさん

今回は、こどもちゃれんじの知育教材「のりまきやさん」を作っていきます。

せっかくなので、みみちゃんが作ってしまじろうと一緒に食べてみたいとおもいます。

のりまきやさん 用意する材料

のり

まずは、のり!
こんなに大きなのりではなく、4つ切りの のりを使用します。
スーパーに無かったので、大きめののりを4つ切りにして使いました。

ごはん

つぎに、ごはん!
撮影のために炊きました。

具材 しゃけ

つぎに、シャケ!
中に入れる具材ですね。
あまり大きなサイズは入らないと思ったのでシャケを選びました。

鳥そぼろ

最後に、鳥そぼろ
普段子供たちは鳥そぼろを食べませんが、あえて入れてみることにしました。

のりまきやさんでのりまきを作ります。

のりまきやさん

のりまきやさんをキレイに洗って準備完了

ごはんを入れて

筒状のところにごはんを入れます。

シャケ

半円の半分ぐらいごはんを入れたら、シャケを入れます。

またご飯

シャケを入れたらまたご飯を入れてます。

蓋をしめて

半円からあまりはみ出さないぐらいにご飯を入れて蓋をしめます。

のりまきやさんにセット

のりまきやさんにセットして、10回回します。

のりをセット

10回回すことによって少しご飯が固まりますので、のりをセットします。

のりを回しこみます。

のりは、ただ差すのではなく周りに巻きつけるように巻きます。

ふたをしめて

ふたをしめます。

回します。

また回します。
のりがだんだん中に入っていきますね。

のりまき

のりとご飯が付くか心配だったので、多めに回しました。

のりまき 完成

のりまき 完成
ちゃんと形になっていますね。

とりそぼろ のりまき

とりそぼろ のりまき

先ほどはシャケを作りましたので次は、鳥そぼろ

のりまき 2本

これで、のりまき 2本完成しました。

しまじろうと一緒に試食

のりまきを運ぶ

しまじろうと一緒に食べるために、のりまきを運びます。

いただきます

二人揃って「いただきます」

のりまき 試食

まずは、みみちゃんが食べました。

しまじろうが食べました。

次に、しまじろうが食べました。

おいしかったね

二人とも「おいしかったね。また作ろうね」

みみちゃんの感想

みみちゃん

今回は、うまく作れることができました。
ご飯の量をあまり多く入れない方が良いみたいですね。
子供達もたべましたが、喜んで食べていました。
自分たちでセットして回して食べるだけでも楽しそうですね。